お電話でのご予約・お問い合わせ

pcアイコン0422-26-8104

メールアイコン

マウスピース矯正 Invisalign Clear aligner

見えない矯正自由なライフスタイルに

マウスピース矯正は透明な医療用のプラスチックを使用したマウスピースを装着します。
そのため、矯正中でも装置が目立たず、見た目を気にせずに生活をすることができます。

見た目や発音に影響がほとんどないため、
治療中の見た目が気になる方、人とお話しする機会の多い方におすすめの治療法です。

またご自身で取り外しが可能なので、食事も自由に楽しむことができます。

当院では、患者様一人一人にあった最適なマウスピースをご用意し、
患者様の美しい歯並びを実現します。

01 マウスピース矯正について

マウスピース(アライナー)治療はコンピュータでシミュレーションされたマウスピースを使用し、
多くの歯に一定の力をかけます。
そのためワイヤーを使った一般的な矯正治療よりも歯列を広げ、歯列を奥に動かす働きが優れているので、
成人の歯でも抜歯なしで矯正治療ができる可能性が広がりつつあるのです。

マウスピース

取り外し可能の透明なマウスピースを使用した矯正治療

マウスピース型の矯正装置を、歯の動きに合わせて徐々に取り替えて治療していきます。
透明なプラスチックのマウスピースなので、装着していても目立ちにくく周りに気付かれません
食事の際には取り外しができるので不便さがなく、食べ物が歯にはさまる不快感もありません。歯みがきもしやすく、治療中の虫歯のリスクも少なくなります。(当院では毎回、必ずクリーニングと歯ブラシの指導があります。)

他の矯正治療よりも通院の負担が少ない

通常の矯正治療は3~4週に1度の通院が必要ですが、マウスピース治療では4~6週に1度の通院になります。
忙しくて通院できない方には、2ヶ月に1度のプランや、メール・LINE・電話でのカウンセリングでも治療継続できる場合があります。

女性

マウスピース矯正の特徴

透明なマウスピース

01 矯正装置が目立たない

マウスピース矯正の一番の特徴は、装置が目立たず、見た目の美しさを損なうことなく歯並びを整えられることです。薄くて透明度の高い、医療用のプラスチックのマウスピースを使用するため、見た目や発音に影響がほとんどありません。治療中の見た目が気になる方、人とお話しする機会の多い方におすすめの治療法です。

さまざまな料理

02 装置の着脱が可能で、普段通りの食事ができる

他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で着脱ができることが大きな特徴のひとつです。食事の時にはご自身の手で取り外すことで、装置に食べ物が詰まる心配などがなく、治療中も普段通りに食事ができます。装置やお口の中を綺麗にお手入れすることが可能です。

マウスピースを手に持つ

03 段階に合わせて新しいに装置に交換をしていく

マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です。食事や歯磨きの時、お仕事でどうしても必要な時の短時間以外はマウスピースを外さないよう、ご協力が必要です。

綺麗な口元

04 お口のトラブルを軽減できる

マウスピース型の矯正装置は金属を使用しないアレルギーフリーのため金属に敏感な方も安心できます。また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて、より痛みに配慮しており、ブラケットが外れたりワイヤーが粘膜に刺さるような唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。歯をすっぽりと包み込む密着性の高い装置であるため、治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

02 治療方法について

マウスピース矯正は、歯にかかる力が一定になるような調整をしているので、
矯正装置の中でもより痛みに配慮した治療法です。

3Dコンピュータでのシミュレートの様子

3Dコンピュータによるシミュレートを行います

歯の動きを3Dコンピュータによるシミュレートをするため、微妙な角度まで予測することができます。それにより、患者様一人一人にあった最適なマウスピースをご用意いたします。

マウスピース矯正装置

当院では、マウスピース矯正に「インビザライン」「Clear Correct」など、
症状により様々なアライナーをご用意しております。
口腔内スキャンとCT画像を融合し、患者様のお口にあったマウスピース設計します。
3Dコンピュータでのシミュレートに従い作成したマウスピースを
段階的に装着し、綺麗な歯並びを実現します。

インビザライン

見えない矯正装置」で笑顔に自信を

マウスピース矯正はさまざまな症例に対応することができ、
痛みや不快感に配慮した矯正治療を行うことができます。

マウスピース矯正と同時に行える処置もございます

ホワイトニングイメージ画像

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤を使用して歯を白くする方法です。ホワイトニングを受けることで、口元の見た目が美しくなるだけでなく、笑顔に自信が持てるようになるでしょう。

詳しくはこちら

マウスピース

部分矯正

部分矯正は、歯の全体に装置を付けて矯正する全体矯正とは違い、歯並びや咬み合わせに問題のある部分に「必要最小限の装置」で矯正する方法です。

詳しくはこちら

マウスピース矯正の注意点

また、全ての症例に適応できる治療方法ではありません。

適応出来る症例

  • 非抜歯で治療可能な症例

  • 歯の根の移動が必要ない抜歯症例

  • ブラケットによる最終治療の出来る抜歯症例

適応できない症例

  • 上下、左右の顎の位置の位置ずれがある場合

  • 歯並びが特に悪い場合

マウスピース矯正は誰でもどこでも同じ治療結果が得られるものではありません。
様々な症例を経験したドクターや噛み合わせを調整できるドクターがいなければシミュレーション通りの結果はついてきません。
また、マウスピースだけではなくワイヤー矯正も得意とする先生ではないと、もしもの治療中でのトラブルに対応できません。
安易な値段が安いや通いやすいだけで選ぶのではなく

どんな難症例でも対応できる医院や主治医を選ぶようにしてください。

03 「マウスピース矯正」の治療費について

矯正治療は通常、自由診療のため保険は適用されません。
吉祥寺矯正歯科クリニックでは各種お支払い方法をご用意し、患者さまが不安を感じないような料金体制をとっております。
また、大人の矯正治療にも医療控除が適用される場合があります。詳しくは費用ページをご覧ください。

初診相談料

3,300円(税込)

矯正精密検査 及び 診断料

55,000円(税込)

マウスピース矯正 基本技術料

880,000円(税込)

症状により、基本技術料が変わる場合がございます。

矯正治療費を見る

04 マウスピース矯正のよくあるご質問

初診料や精密検査料はどこからかかってきますか?

A.

初診相談料は3300円(税込)となっておりますが、公式LINEやホームページよりご予約いただいた方は無料となっております。

初診相談を受けられた後、精密検査を希望された場合に、検査・診断料として55000円(税込)の費用がかかります。
精密検査、当日にお支払いください。

当日予約はできますか?

A.

当日のご予約も承っております。診療の予約の状況によっては時間をずらしていただくこともあると思いますが、できるだけご希望に沿えるよう最善の努力を致します。特に痛みなどの症状がある場合、その旨を電話でお伝えいただければ応急処置を優先的に行います。

歯を抜くことはありますか?

A.

矯正治療のために健康な歯を抜歯することを、便宜抜歯(べんぎばっし)といいます。

当院では、できるだけ歯を抜かず、なるべく多くの歯を残せるように考えて矯正治療を行います。
しかし、歯を抜く方がメリットがある場合も多くあります。どんなにガタガタの歯並びでも、ほとんどの場合、歯を抜かずに全ての歯を並べることができます。
ただし、もともと出っ歯で(前歯が前方に突出している状態)、唇を自然に閉じることが難しい場合(口唇閉鎖不全)、歯を抜かずに矯正すると、前よりもっと口元が出たように感じたり、治療後の歯並びの安定性が得られないことがあります。
そのような場合には、歯(主に小臼歯)を抜歯して治療した方が良い結果が得られます。矯正治療で便宜抜歯が行われるのは、前歯から数えて4~5番目に生えている小臼歯が多いです。この歯が、上下の歯の噛み合わせには最も影響がない歯だとされていることから、選ばれることが多くなっています。

 

まだ使える小臼歯を抜歯することに抵抗を感じられることは当然であり、歯の数は多い方が良いという観点から見れば、抜歯はデメリットかもしれません。
しかしながら、正しい矯正治療を行えば、便宜抜歯をして矯正することのメリットはデメリットを上回り、美しい口元と歯並びの長期安定性を得ることができます。

 

当院では、歯を抜くか抜かないかに関し、歯のデコボコの度合いの他、前歯の角度、口元の形、奥歯の咬み合わせの状態などを詳細に検査し、ご希望の治療目標を総合的に判断して、治療をお受けになる患者さんご本人と保護者の方との話し合いにより決定しています。

 

正しく矯正をすれば、抜歯した隙間はすべて埋まり、傷も残りませんのでご安心ください。また、奥歯も前歯も正しい咬み合わせの状態に治療できます。

セラミックの差し歯があっても矯正できますか?

A.

矯正治療を考えていても、セラミックでできた白い歯の被せ物(クラウン)・詰め物(インレー)があることを心配される患者さまもいます。ご安心ください。セラミックの被せ物があっても、矯正治療はできます。

 

セラミックの差し歯があっても矯正治療はできます

矯正治療で歯を動かす際に重要なのは、歯の周辺組織(歯根膜や骨)が健康かどうかという点です。矯正治療では歯の根元の部分を動かしていきますので、歯の上部が差し歯(クラウン)でも問題ありません。歯の周辺組織が健康であれば、天然歯と同様にセラミックの歯へもブラケットを接着し、ワイヤーによって歯を動かしていきます。

 

矯正治療のため仮歯を使用することも

ただし、セラミックの歯は天然歯にくらべると接着したブラケットが取れやすい傾向にあります。万が一取れやすいなど問題が起こる場合には仮歯を利用するなどして対処可能ですのでご安心ください。

セラミックの歯がある方はお口の健康や見た目の美しさに敏感な方だと思います。歯の白さや形はもちろん、歯並びやかみ合わせも整った口元に大切な要素です。不安がありましたら、ぜひカウンセリングなどでご相談ください。

上前歯のみの矯正は可能ですか?また、歯を抜いて差し歯にするのはリスクが高いですか?

A.

前歯2本を押し戻すように治療することは可能です。

 

しかし、場合によっては下の歯や隣の歯も治療しないとかみ合わせを作ることができない場合もあります。料金は動かさなくてはいけない歯の本数によって変わってきます。前歯数本の移動で足りる場合には部分矯正が適用されますが、症状によっては全顎矯正扱いとなります。

 

また、歯を抜いてセラミックなどの差し歯にする場合、短期的にはきれいになるのですが、歯茎の後退やセラミックの劣化など経年変化によって再治療が必要になることがほとんどです。また、歯を削る・神経を取ることによって歯の寿命が短くなるので、芸能人のようにすぐに結果をださなくてはいけない場合以外はおすすめできません。

健康な歯をお持ちで、矯正治療によって歯並びを改善できる場合には、やはり矯正治療をおすすめします。

矯正と一緒に銀歯をセラミックにすることはできますか?

A.

矯正治療と銀歯をセラミックにする治療を合わせて行うことはできます。

 

矯正治療を進めるうちに、かみ合わせや歯と歯の関係が変化していきます。今入っている銀歯をセラミックへと変更したい場合には矯正終了後に治療を行っていくことが一般的です。歯がきれいに揃ったあとで、しっかりと型をとってセラミックの歯へ変更することで、よりきれいな歯並び・口元を実現することができます。

 

矯正治療で歯を整列させた際に、昔の歯並びの影響で歯がすり減り、歯の先端のラインが合わなくなってしまうこともあります。そうした場合にも、部分的に歯を補修するダイレクトボンディング等の技術によって歯をきれいに治すことが可能です。

審美治療 / 矯正治療 と分けて考えられがちですが、矯正治療を補完する治療としてセラミックによる審美治療を捉えることもできます。

家族やローンの保証人にも治療内容を説明してもらえますか?

A.

ご安心ください。ご家族、ご両親、保証人さまなどへ矯正に関する治療計画については、クリニックのスタッフが直接ご説明を差し上げますのでお気軽にご相談ください。

矯正は年齢によって治療期間が変わるのでしょうか?

A.

大人の患者さまの治療期間は、矯正の方法・お口の状態により個人差はありますが、おおよそ1~3年です。
大規模の統計データや論文などでは、年齢による治療期間の差は示されてはおりません。
ご高齢のため、治療期間が長くなるといったことはありません。

一覧を見る

電話アイコン0422-26-8104

診療時間内受付

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1-9 FSビル 5F

12:00 〜 19:00

火・木・金

10:00 〜 17:00

土・日※

休診日

月・水

  • ※日曜日は月1回・不定期です。
アクセスイメージ画像 アクセス方法はこちら

JR中央線 京王井の頭線 吉祥寺駅より徒歩1分