お電話でのご予約・お問い合わせ

pcアイコン0422-26-8104

メールアイコン

コンビネーション矯正 Combination Plan

01 コンビネーション治療について

裏側矯正とマウスピース矯正

裏側矯正+マウスピース矯正矯正専門クリニックの提案

裏側に装置がつく「裏側矯正」は治療中の負担も少なく、歯を動かしやすい理想的な治療ですが矯正専門クリニックとして、より患者さんに快適な治療を提供するために、「裏側矯正」と「マウスピース矯正」の良いところを合わせた「コンビネーション治療」をご提案します。

治療の前半はさまざまな症状に対応できる「裏側矯正」ならではの特徴と歯の動かしやすさを活かして、いち早く理想的な歯並びへと治療を進めます。おおよそ治療プログラムの 2/3 程度で「マウスピース矯正」に治療を切り替えます。

治療の微調整を「マウスピース矯正」によって行うことで、食事の時などに取り外せる利便性や透明で目立たない審美性といったマウスピース矯正の利点を享受することができます。

矯正治療をよりスマートに、より快適

「裏側矯正」は歯の裏側に矯正装置を装着するので、もともと「見た目」に関するストレスが少ない治療方法です。ブラケットもごく小さいものを使用していますが、金属の装置に違和感をもつ患者さんがいらっしゃるのもやはり事実です。

その治療ストレスをどうしたら軽減できるか、矯正専門クリニックとして検討し、よりストレスの少ない治療法として考え出したものが「コンビネーション治療」です。

吉祥寺矯正歯科クリニックのコンビネーション治療は裏側矯正の利点とマウスピース矯正の利点を組み合わせ、両者のデメリットを補い合う治療だとお考えください。

裏側矯正とマウスピースの装置

裏側矯正治療のメリットとデメリット

裏側矯正メリット

  • 歯を動かしやすい

  • 前歯部分を奥に引き込みやすい

  • 3次元的にすべての歯の動きが可能

裏側矯正デメリット

  • ブラケットの脱離や、口内炎などの可能性がある

  • 食事の時、物がはさまり、歯ブラシがしにくい

  • 装置装着してしばらくは発音などに違和感がある

マウスピース矯正のメリットとデメリット

マウスピース矯正メリット

  • 透明でつけていても目立たない

  • ブラケットの脱離や口内炎などの可能性が低い

  • 歯ブラシ時には外せるので清潔に保てる

マウスピース矯正デメリット

  • 歯の動く治療スピードが遅い

  • 対応できない症状がある

  • 歯を動かせる方向に制限がある

院内技工だからこそ提供可能なきめ細やかな治療プログラム

裏側矯正の模型

「コンビネーション治療」は吉祥寺矯正歯科クリニックの特徴である完全院内技工を活かした治療法です。吉祥寺矯正歯科クリニックは近くにクリニック専用の歯科技工所を持ち、院内に歯科技工士が在院することもあります。そのため、ドクターの判断で患者さんの状況に合わせた臨機応変な治療方法を選択することが可能です。

多くの歯科医院では提携の技工所に依頼(外注)するため、スムーズできめ細やかな対応は難しいのが現実です。これは昔からの歯科システムなので悪いことではありませんが、私たち吉祥寺矯正歯科クリニックは院内でドクターと歯科技工士がコミュニケーションを保ち、技工士自身も患者さんの状況を把握できる環境にあるため、より丁寧な治療を行うことができます。

02 「コンビネーション治療」の治療費用について

吉祥寺矯正歯科クリニックでは、治療開始から終了まで全ての費用を含んだトータルフィー制度を導入しています。
「コンビネーション治療」は「裏側矯正」のバリエーションとして提供しているので費用は同額となります。

適用範囲 治療方法 基本治療費

全体矯正

裏側矯正

1,375,000円(税込)/月

適用範囲

全体矯正

治療方法

裏側矯正

基本治療費

1,375,000円(税込)/月

  • 上記料金には治療開始から終了まですべての料金が含まれています。

  • お支払いは現金、クレジットカード、最大96回までのデンタルローンがお選び頂けます。

  • 治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談ください。

  • 終了後のメンテナンス料は別途頂いております。

矯正治療費を見る

03 コンビネーション矯正のよくあるご質問

初診料や精密検査料はどこからかかってきますか?

A.

初診相談料は3300円(税込)となっておりますが、公式LINEやホームページよりご予約いただいた方は無料となっております。

初診相談を受けられた後、精密検査を希望された場合に、検査・診断料として55000円(税込)の費用がかかります。
精密検査、当日にお支払いください。

当日予約はできますか?

A.

当日のご予約も承っております。診療の予約の状況によっては時間をずらしていただくこともあると思いますが、できるだけご希望に沿えるよう最善の努力を致します。特に痛みなどの症状がある場合、その旨を電話でお伝えいただければ応急処置を優先的に行います。

歯を抜くことはありますか?

A.

矯正治療のために健康な歯を抜歯することを、便宜抜歯(べんぎばっし)といいます。

当院では、できるだけ歯を抜かず、なるべく多くの歯を残せるように考えて矯正治療を行います。
しかし、歯を抜く方がメリットがある場合も多くあります。どんなにガタガタの歯並びでも、ほとんどの場合、歯を抜かずに全ての歯を並べることができます。
ただし、もともと出っ歯で(前歯が前方に突出している状態)、唇を自然に閉じることが難しい場合(口唇閉鎖不全)、歯を抜かずに矯正すると、前よりもっと口元が出たように感じたり、治療後の歯並びの安定性が得られないことがあります。
そのような場合には、歯(主に小臼歯)を抜歯して治療した方が良い結果が得られます。矯正治療で便宜抜歯が行われるのは、前歯から数えて4~5番目に生えている小臼歯が多いです。この歯が、上下の歯の噛み合わせには最も影響がない歯だとされていることから、選ばれることが多くなっています。

 

まだ使える小臼歯を抜歯することに抵抗を感じられることは当然であり、歯の数は多い方が良いという観点から見れば、抜歯はデメリットかもしれません。
しかしながら、正しい矯正治療を行えば、便宜抜歯をして矯正することのメリットはデメリットを上回り、美しい口元と歯並びの長期安定性を得ることができます。

 

当院では、歯を抜くか抜かないかに関し、歯のデコボコの度合いの他、前歯の角度、口元の形、奥歯の咬み合わせの状態などを詳細に検査し、ご希望の治療目標を総合的に判断して、治療をお受けになる患者さんご本人と保護者の方との話し合いにより決定しています。

 

正しく矯正をすれば、抜歯した隙間はすべて埋まり、傷も残りませんのでご安心ください。また、奥歯も前歯も正しい咬み合わせの状態に治療できます。

セラミックの差し歯があっても矯正できますか?

A.

矯正治療を考えていても、セラミックでできた白い歯の被せ物(クラウン)・詰め物(インレー)があることを心配される患者さまもいます。ご安心ください。セラミックの被せ物があっても、矯正治療はできます。

 

セラミックの差し歯があっても矯正治療はできます

矯正治療で歯を動かす際に重要なのは、歯の周辺組織(歯根膜や骨)が健康かどうかという点です。矯正治療では歯の根元の部分を動かしていきますので、歯の上部が差し歯(クラウン)でも問題ありません。歯の周辺組織が健康であれば、天然歯と同様にセラミックの歯へもブラケットを接着し、ワイヤーによって歯を動かしていきます。

 

矯正治療のため仮歯を使用することも

ただし、セラミックの歯は天然歯にくらべると接着したブラケットが取れやすい傾向にあります。万が一取れやすいなど問題が起こる場合には仮歯を利用するなどして対処可能ですのでご安心ください。

セラミックの歯がある方はお口の健康や見た目の美しさに敏感な方だと思います。歯の白さや形はもちろん、歯並びやかみ合わせも整った口元に大切な要素です。不安がありましたら、ぜひカウンセリングなどでご相談ください。

上前歯のみの矯正は可能ですか?また、歯を抜いて差し歯にするのはリスクが高いですか?

A.

前歯2本を押し戻すように治療することは可能です。

 

しかし、場合によっては下の歯や隣の歯も治療しないとかみ合わせを作ることができない場合もあります。料金は動かさなくてはいけない歯の本数によって変わってきます。前歯数本の移動で足りる場合には部分矯正が適用されますが、症状によっては全顎矯正扱いとなります。

 

また、歯を抜いてセラミックなどの差し歯にする場合、短期的にはきれいになるのですが、歯茎の後退やセラミックの劣化など経年変化によって再治療が必要になることがほとんどです。また、歯を削る・神経を取ることによって歯の寿命が短くなるので、芸能人のようにすぐに結果をださなくてはいけない場合以外はおすすめできません。

健康な歯をお持ちで、矯正治療によって歯並びを改善できる場合には、やはり矯正治療をおすすめします。

矯正と一緒に銀歯をセラミックにすることはできますか?

A.

矯正治療と銀歯をセラミックにする治療を合わせて行うことはできます。

 

矯正治療を進めるうちに、かみ合わせや歯と歯の関係が変化していきます。今入っている銀歯をセラミックへと変更したい場合には矯正終了後に治療を行っていくことが一般的です。歯がきれいに揃ったあとで、しっかりと型をとってセラミックの歯へ変更することで、よりきれいな歯並び・口元を実現することができます。

 

矯正治療で歯を整列させた際に、昔の歯並びの影響で歯がすり減り、歯の先端のラインが合わなくなってしまうこともあります。そうした場合にも、部分的に歯を補修するダイレクトボンディング等の技術によって歯をきれいに治すことが可能です。

審美治療 / 矯正治療 と分けて考えられがちですが、矯正治療を補完する治療としてセラミックによる審美治療を捉えることもできます。

矯正は年齢によって治療期間が変わるのでしょうか?

A.

大人の患者さまの治療期間は、矯正の方法・お口の状態により個人差はありますが、おおよそ1~3年です。
大規模の統計データや論文などでは、年齢による治療期間の差は示されてはおりません。
ご高齢のため、治療期間が長くなるといったことはありません。

一覧を見る

電話アイコン0422-26-8104

診療時間内受付

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1-9 FSビル 5F

12:00 〜 19:00

火・木・金

10:00 〜 17:00

土・日※

休診日

月・水

  • ※日曜日は月1回・不定期です。
アクセスイメージ画像 アクセス方法はこちら

JR中央線 京王井の頭線 吉祥寺駅より徒歩1分